注目キーワード
  1. アクアリウム
  2. 盆栽

今 最も注目されている植物育成用LEDライト『アマテラス -AMATERAS LED-』

今回は、今最も注目されていると言っても過言ではない植物育成用LEDライト、BARRELから発売されている『アマテラス -AMATERAS』について、実際に使ってみた感想を書きたいと思います。

私はこれまでも、同社の植物用LEDライトを使用してきており、過去の記事でも紹介しております。実際に観葉植物も良く育っていますし、一般的に売られているLEDとは違うな、という印象を持っていました。

関連記事

今回は、エアープランツやサボテンなどの多肉植物を楽しむための水槽レイアウトの紹介です。植物は個別に鉢に植えて育てるのが最も一般的ですが、複数の植物を一つのコンテナに植える『寄せ植え』もよく行われます。しかし、今回は寄せ植えとは少し違う水槽を[…]

砂漠レイアウト
関連記事

盆栽を初めてまだ数年程度の私ですが、この短い期間でもすでにいくつかの盆栽を枯らすという失敗をしました。盆栽で使用される植物は自然の中で普通に育っているものがほとんんどなのに、人が手をかけて育てようとすると何故失敗してしまうのか。ここ[…]

屋内盆栽
関連記事

今回の記事では、植物育成用のLEDと屋外(直射日光ではなく明るい日陰)で、植物の育成速度の比較を行いたいと思います。このブログではこれまでに、植物育成用のLEDを幾度となく勧めてきました。これは私が実際に使用した結果、十分な育成効果[…]

モンステラ

そんな中、同社からこの『アマテラス』が発売され、非常に気になってはいたものの、その金額から購入に二の足を踏んでいました。しかしこの度、水草水槽をリセットする運びとなり、その際に照明も変更してみようということで、購入に踏み切りました。

水草水槽のリセットの様子はこちらの記事となります。

関連記事

今回は、水草水槽をリセットし新たに立ち上げる様子をお伝えしたいと思います。新しい水草水槽の構成としては、『底面フィルター』、『ソイルと化粧砂の敷き分け』で行きたいと思います。水草水槽といえば外部フィルターですが、水槽の設置場所の関係[…]

水草水槽

では、前置きはさておき、早速使ってみたレビューに入りたいと思います。

スポンサーリンク

アマテラス -AMATERAS-のスペック

通常、商品の紹介では、包装やスペック、開封時の様子などから入るものですが、それらは省略します。販売元のサイトを見てもらった方が分かりやすいし詳しいので、こちらをご覧ください。

SHOP BARREL

植物育成LEDライトのSHOPBARRELです。植物育成ライト 植物育成LED 水槽用照明 テラリウム照明 アクアリウム…

重要なスペックのみ、メーカーのサイトより転載しておきます。

実際にライトを使用した際の画像

続いて、実際に使用した際の画像をお見せします。

今回は分かりやすいように、現在使用しているライトとの比較をお見せします。現在使用しているライトは、『アクロ TRIANGLE LED BRIGHT 600』になります。定番のライトなので、使用したことがある方も多いかと思います。

スポンサーリンク

ライトの設置位置

『アクロ TRIANGLE』は水槽の上に直置きしておりますが、『アマテラス』はアームに吊るすなどする必要があります。今回は、水槽が壁際に設置されているということで壁に固定し、斜め上から水槽を照らす形にしました。水槽のレイアウトが右に偏っていることもあり、このようにしています。

水草水槽

上の写真では、『TRIANGLE』を水槽の後ろ側にずらしておりますが、これから示す比較の写真では、水槽の中央に設置して比較しております。

アクロ TRIANGLE LED BRIGHT 600

まずは、『アクロ TRIANGLE』を使用した際の水槽です。

アクロ TRIANGLE LED BRIGHT 600

こちらの特徴は、下記の通りです。

  • 照射範囲が広い。
  • 水槽全体が明るく、中央と端で明暗の差が少ない。展示品を照らす照明という感じ
  • 水面の揺らぎが底や背面に若干写るがほぼ気にならない。
スポンサーリンク

アマテラス-AMATERAS LED-

続いて、『アマテラス』です。

アマテラス-AMATERAS-

こちらの特長は以下のようになります。

  • 照射範囲は狭いが、中心部分が非常に明るい。
  • 中心から外れた部分は正直暗い。60cm水槽を両端まで照らすには2灯必要。
  • 水面の揺らぎが底に写り、流木などの影ができる。自然の風景に近い感じ

個人的感想

まず、悪いことから言うと、『アマテラス』を実際に使うまでは、すごく明るい照明なんだろうな、というイメージを持っていましたが、実際は照射範囲が狭いので、他のライトより明るいという印象はありませんでした。水槽全体としては、『アクロ TRIANGLE』の方が断然明るいです。もしかすると、2灯使っても『アクロ TRIANGLE』の方が明るいかも、という感じです。拡散板を外しても、全体が明るくなるというよりは中心が暗くなるという感じで、水槽全体が明るくなるということはありませんでした。ですので、私は拡散板をつけて使用しています。ただ、発光部を直視するとめちゃくちゃ明るいので(※絶対マネしないように)、実際の光量は非常に多いと思います。

一方、『アマテラス』良い部分は、水景の雰囲気が出るというか、見ていて癒されることです。『アクロ TRIANGLE』は水槽全体が明るく照らされていて、部屋の中で水槽が際立つ感じ。『ここに水槽を展示してますよ。見てください。』というイメージです。これに対して『アマテラス』は、自然の風景を切り取ってきた感じで、魚影や水面の揺らぎがはっきり見えるので動きが感じられてずっと見ていられるイメージです。

 

使い分けとしては、写真を撮るなら全体が明るくなる『アクロ TRIANGLE』、動画を撮るなら『アマテラス』が良いかと思います。家で水槽を見るというのは、静止画を見るのではなく風景として見続けるわけなので、そういう意味では『アマテラス』は一押しの照明だと思います。

ちなみに、『アマテラス』を使い始めて1週間経過しましたが、水草の成長は抜群に良いです。ぱっと見、明るく見えなくても光量は十分であることは間違いないです。そういうところでも、『アマテラス』は非常にお勧めになります。

購入を悩んでいる方、買って損はないと思いますので、是非試してみてください。

スポンサーリンク